みずほ銀行カードローンの審査は果たして厳しいのか?

みずほ銀行カードローン審査

エグゼクティブプランとコンフォートプランの2種類のコースのあるみずほ銀行カードローンの審査や在籍確認などについてみていきましょう。

みずほ銀行カードローン審査

みずほ銀行に2つのプランがあり、自分の意思でどちらかを選ぶことはできません。

審査結果によりみずほ銀行の側がどちらのコースを適用するかを決めます。

こう書くと審査に通過することが前提となっていそうですが、みずほ銀行カードローンの審査難易度は全体でも最も高いカードローンであると思った方がよいでしょう。

金利面で優遇のあるエグゼクティブプランはもちろん、通常コンフォートプランの審査通過も難しいのが現状です。

みずほ銀行はカードローンの審査基準を一切公表していないためあくまでも目安ではありますが、コンフォートプランは過去に金融事故を起こしていない前提で年収最低300万円以上の正社員以上、勤続年数は最低1年間は欲しい所です。

エグゼブティブプランにさらに審査は厳しく、年収は最低500万円以上の正社員以上、勤続年数は最低3年はほしい所です。

*あくまでも推測ですのでご了承ください。

実際に審査を行うのはみずほ銀行本体ではなく保証会社であるオリエントコーポレーションとなります。

オリエントコーポレーションという名前を始めて聞いた方もいるかも知れませんが、オリコの通称で知られる信販会社最大手企業となります。

銀行は伝統的に企業融資や住宅ローンなどの金額の大きい貸付は得意ですが、カードローンのような無担保貸付は得意ではないため貸金業者に審査を任せることがほとんどです。

審査時間は申込をした時間帯や申込方法によって大きく変わりますが、最短でその日のうちに、郵送以外は2営業日前後、郵送の場合は申込書類がみずほ銀行に到着してから2営業日前後となることが多いです。

審査の結果はメールにて送られ、審査通過後に必要書類などの提出を行います。

 

みずほ銀行カードローン在籍確認

みずほ銀行カードローンがどのような在籍確認を行うかは非公表となっているため正確な所はわかりません。

通常銀行カードローンは在籍確認のために職場に電話連絡をする際銀行名を名乗り、電話番号も銀行の番号を通知設定にしてかけるのが一般的です。

ただ、みずほ銀行に関しては、担当者名でかけた後本人が出た場合にはオリエントコーポレーションが名乗るという情報もあり、どのように在籍確認が行われているかは不明です。

いずれにせよ、みずほ銀行をはじめカードローンの在籍確認で職場の人間に借入の事実を知られる可能性はそれほど高くないためあまり気にしすぎない方がよいでしょう。

どうしても職場に電話連絡が来るのが嫌な方はSMBCモビットのWEB完結申込などを利用しましょう。

⇒SMBCモビットに申込をする

 

みずほ銀行カードローン借入方法

みずほ銀行の借入は基本的にみずほ銀行および提携ATMにて行います。

2016y11m28d_083120841

それ以外にはパソコンやスマートフォン、各種電話などを利用してみずほダイレクトより借入を行うことができます。

みずほダイレクトを利用する場合土日祝日および平日15:00以降は利用できないので注意が必要です。

 

みずほ銀行カードローンは即日融資可能?

結論から言うと、みずほ銀行カードローンで即日融資を受けることは可能です。

そのためには最低でも以下の条件を満たす必要があります。

 

  • あらかじめみずほ銀行の普通預金口座を持っている
  • ウェブで申し込みをする
  • 午前中に申込をする

 

みずほ銀行カードローンは総合的に即日融資に向いているとは言い難いサービスだと言えるでしょう。

みずほ銀行カードローンの口コミ

607461sどうしても欲しいゴルフクラブがありました。我が家はお小遣い制で、お金は足りなかったのですが、やはりどうしても欲しかったのでカードローンを利用することにしました。もともとみずほ銀行に口座を持っていて、それは独身時代に作ったので妻には内緒の口座だったこともあり知られることはきっとないだろうと思い数あるカードローンの中からみずほ銀行のものを選びました。審査を受けるとエグゼブティブプランの適用ができるとのことでした。エグゼブティブプランは限度額が最低200万円からで、そんなに必要ない旨を伝えたところ、上限額が大きい方が金利が安いとのことでした。確かによく見てみると適用金利は7%となっています。これは幸いと思って契約しました。おかげで欲しかったクラブは買え、他にも欲しかったゴルフ用品を買うことができました。ただ、女の感は鋭いもので、新調したゴルフ用品からいろいろなことがバレてしまいました。調子に乗っていろいろ買いすぎてしまいましたね。
607355s去年のゴールデンウィークに、子供たちを連れて旅行に行きました。その際、どうせなら海外に行きたいと思い、さらにはあまり他の人が行かないような北欧に行きたいと思ったのですが、ツアーの料金はやはり割高だったためカードローンの利用を決めました。大人になると忙しくて海外にはなかなかいけませんし、子供たちには自分が出来なかった体験をさせてあげたいという思いが強かったのです。その際、みずほ銀行のカードローンにして正解でした。アコムやアイフルなどの消費者金融よりも金利はだいぶ安く済んだからです。返済も何度かに分けてするためそれほど負担には感じていません。旅行も大成功で、一生の思い出になりました。

 

借り入れ当時は会社員をしており、年収は700万円ほどです。50万円借り入れましたが、現在借り入れ残高はありません。

結婚をするにあたり、その資金や引越し、新生活のための諸経費などに準備金がそこをつき、予想をこえて足りなくなり、一時的に多くの現金が手元に必要となったためです。どこかで用立てることを考え、まずまっさきに思い当たったのが、銀行系のカードローンでした。カードローンの経験は過去ほとんどなく、額も額でしたのでうかつに借りて良いものなのか、予備知識なく非常に不安でしたが、いつも利用している銀行だったので馴染みもあり、またどうしても金銭の必要性は避けて通れないものでしたので、お願いをするに至りました。もともとアクティブな口座を持っていたため審査・手続きもネットでスムーズに行え、またこれは途中で知ったのですが、キャッシュカード一体型である(選択可能でした)ことで、新たなカードを発行する必要がなかったので、すぐに借り入れすることができました。審査自体は3日程度で終わり、その通知もメール1本があったのみ。余計な営業の電話などもこれまであったことがなく、こちらにお願いして本当に正解でした。当時はバタバタしており、あまり悠長に構えていられる時間的な余裕もありませんでしたので、非常に助かったことをよく覚えています。

街で見かける広告や、テレビコマーシャルなどで、他行ですが銀行のカードローンサービス自体には聞き馴染みがありました。もともと、みずほ銀行に普通預金口座をもっており、給与の入金状況など、普段のお金の動きを把握いただいているおかげか審査もネットで簡単に済み、またキャッシュカード併用型ということで、カード発行に余計な時間と手間がかからなかったのが大きいかなと思います。また銀行系なので、実績のないはじめの借り入れの年利が14.0パーセントと、比較的高いことは知っていましたが、あまり不安なく借りることができました。他のところでお願いをした経験がありませんので比較できないのが残念なのですが、審査自体も数日で済み、すぐに借り入れをお願いすることができました。勝手がわからないはじめての経験にもかかわらず、サポートや説明の案内もわかりやすく丁寧で、気持ちよく利用させていただきました。早々にボーナスで返済する腹づもりで見越して借り入れ、結果ほぼその通りにしたため、他の選択肢がどうだったのかはわからないのですが、もしまたどうしても困った喫緊の事態が発生するようなことがあれば、こちらにお願いをしたいと考えています。

借り入れた後、つまりお金を使ってしまったあとですがやはりのど元を過ぎればズシリと負担がくるものですので、その点は考慮して返済プランを捉えると良いですよ、というご案内をいただき、大変心強かったと記憶しています。実際返済計画をたて、ただ実はすぐに返してしまえるあてがあったのですが、とりあえずは通常の流れにそって借り入れました。実際に借り入れてから、いくらボーナスで返済してしまおうと腹づもりがあったにせよ、きれいさっぱり完済してしまうまで、不安であることと後ろめたい気持ちがあったのは事実です。他人に知られて困るということではありませんが、お金に関するデリケートな話ですので、その後の電話営業や郵便物などでの勧誘などの心配もしていましたが、その手のことはほとんどないと言ってよく、気持ちよく利用させていただきました。メインバンクとして使っているので、実際は別のところにお願いしたほうがよかったのかもしれませんが、使うのであれば実績も残るし年利も低くおさえられるようになるので同じところが良いなどと、将来の可能性にまで言及してお話いただき、これからも多くのシーンで何度もお世話になるのかなと思っています。

 

 

 

みずほ銀行カードローンの金利

みずほ銀行カードローンの金利は借入限度額およびプランに応じて以下のように変わります。

*プランは審査時にみずほ銀行側が適用を判断するため自分では選べません。

*「適用後の金利」はみずほ銀行で住宅ローンを利用している場合に適用される金利となります。

コンフォートプランの金利

利用限度額 通常適用金利 適用後の金利
10万円以上100万円未満 14.0% 13.5%
100万円以上200万円未満 12.0% 11.5%
200万円以上300万円未満 9.0% 8.5%
300万円以上400万円未満 7.0% 6.5%
400万円以上500万円未満 6.0% 5.5%
500万円以上600万円未満 5.0% 4.5%
600万円以上800万円未満 4.5% 4.0%
800万円以上1000万円以下 4.0% 3.5%

 

エグゼグティブプラン金利

利用限度額 通常適用金利 適用後の金利
200万円以上300万円未満 7.0% 6.5%
300万円以上400万円未満 6.0% 5.5%
400万円以上500万円未満 5.5% 5.0%
500万円以上600万円未満 5.0% 4.5%
600万円以上800万円未満 4.5% 4.0%
800万円以上1000万円以下 4.0% 3.5%

 

みずほ銀行カードローンの返済

みずほ銀行カードローンには「毎月の返済」と「任意返済」の2通りの返済概念が存在しています。

毎月の返済

毎月10日(銀行休業日はよく営業日)にみずほ銀行普通預金口座から利用残高に応じて以下の額を自動で引き落とす形で返済を行います。

前月10日の利用残高
(貸越元金への利息の組み入れ後の残高)
毎月の返済額
1万円未満 前月10日現在のご利用残高
1万円以上100万円以下 1万円
100万円超200万円以下 2万円
200万円超300万円以下 3万円
300万円超400万円以下 4万円
400万円超500万円以下 5万円
500万円超600万円以下 6万円
600万円超700万円以下 7万円
700万円超800万円以下 8万円
800万円超900万円以下 9万円
900万円超1,000万円以下 10万円

 

任意返済

毎月の返済とは別にATMにおいて任意の返済が可能です。

任意返済をすると元金返済に充当され、毎月の返済は普段通りに行われ、もし残りの借入を全額返済する場合はみずほ銀行店頭で行う必要があります。