じぶん銀行カードローン審査の厳しさについて

じぶん銀行カードローン審査

じぶん銀行のカードローンである「じぶんローン」の審査などについて詳しく見ていきましょう。

じぶん銀行カードローン審査

じぶん銀行カードローンの審査はじぶん銀行が行う訳ではなく、保証会社であるアコム株式会社が行います。

アコムは三菱東京UFJ銀行をはじめ数多くの銀行カードローンの保証会社を務めており、審査スピードには定評があります。

じぶん銀行カードローンの審査においては、最短で即日に申し込み時に登録したEメールアドレスに宛に審査結果の連絡があります。

審査結果の確認方法はじぶん銀行に口座を持っているかどうかで少し変わり、持っている場合はインターネットバンキングもしくはケータイバンキングにログイン後審査結果の確認を行い、持っていない場合はEメールでご案内する専用ページにログインすることで審査結果を見ることができます。

じぶん銀行カードローンの審査難易度は、申し込み条件の欄に

  • ご契約時の年齢が満20歳以上70歳未満のお客さま
  • 安定継続した収入のあるお客さま(自営、学生、主婦、パート、アルバイト、年金受給者を含みます)

という記載があることと上限金利が17.5%と銀行カードローンの中では少し高めであることからそこまで厳しい訳ではないことが推測されます。

じぶん銀行カードローン在籍確認

在籍確認というのは、申し込み内容に相違がないかどうかを確かめるために職場に電話連絡を行うことです。

そのため、職場のない場合の主婦の方、学生の方、年金受給者の方には在籍確認がない場合もあります。

通常、銀行カードローンは貸金業者と違って在籍確認時の電話連絡を銀行名にて銀行の固定電話から行うのが一般的です。

じぶん銀行にはカードローンのほかに住宅ローンや定期預金などのサービスもありますし、電話連絡時に「カードローン」や「キャッシング」などの用語は出てきませんので、職場の人間にカードローンの利用が知られる可能性はほぼ0に近いと言えます。

関連記事:カードローンと在籍確認

 

じぶん銀行カードローン借入方法

じぶん銀行カードローンには以下の2つの借入方法があります。

・ATMによる借入

・振り込みサービスによる借入

 

ATMによる借入

ローンカードを使ってATMキャッシングを行う方法です。

*じぶん銀行のキャッシュカードでは引き出すことができず、ローンカードを利用する必要があります。

じぶん銀行提携ATM

利用料は無料で、メンテナンス時間を除いて24時間365日利用が出来ます。

 

メンテンナンス時間

  • 毎週月曜日 1:00~5:00
  • 毎月第2土曜日 21:00~翌7:00

振り込みサービスによる借入

じぶん銀行のサービスである「じぶんローン取引サイト」もしくはローンセンターへの電話連絡において振り込み依頼を行い、振り込み後にATMよりキャッシュカードにて引き出しができるようになります。

じぶんローン取引サイトは上記のメンテナンス時間を除いて利用することができ、ローンセンターへの電話連絡は以下の時間帯において可能となります。

 

ローンセンター受付時間

  • 平日9:00~20:00
  • 土日祝9:00~17:00

じぶん銀行カードローンは即日融資可能?

結論から申し上げると可能な場合もあります。

そのための条件としては最低限以下の条件を満たしている必要があります。

・平日14:00までに契約手続きを完了させる(申込自体は午前中にする必要がある)

・じぶん銀行円普通預金口座をあらかじめもっている

・じぶん銀行円普通預金口座のキャッシュカードをあらかじめ持っている

・審査通過後に振り込みサービスによる借入を利用する

振り込みサービスがなされた後は提携ATMにて現金を引き出すことができます。

これだけの条件を満たしても即日融資がされない場合もあります。

総じて今すぐ借りたいという方には向いていないサービスだと言えるかも知れません。

じぶん銀行カードローンの口コミ

もともとじぶん銀行を持っていたこととauユーザー割に魅かれてじぶん銀行カードローンを利用しました。カードローンの利用は初めてでしたので他のカードローンのことはわかりませんが、借りる時も返す時もATM手数料が無料なのはすごく助かりました。人生においてコンビニに払う手数料ほど無駄なお金はないと思っているのでこの点は非常に良かったです。問い合わせの際もフリーダイヤルで電話が掛けられますし、とても便利でした。他のことはよく分かりません。
午前中に申し込みをして、午後には審査通過の連絡がありました。実際に借りた後に色々調べて分かったのですが、ここは金利が高いのですね。au割引があるからお得なのかと思ったら0.1%しか優遇されていませんでした。銀行のカードローンは14%ぐらいの金利のところが多かったので、auユーザーだからと言って軽々しく飛びついた当時の自分はおろかだったと思っています。もっとも、そういった所を比較しなければ提携しているATM手数料は無料ですし、近所のコンビニで気軽に借りたりお金のある時に返済できたりと非常に便利ではあります。また、金利が高いと言っても他の銀行カードローンと比較した際の話で、消費者金融のカードローンよりは金利が低いですし、金利の低い銀行カードローンは審査が厳しくて借りられないこともよくあるみたいなのですべては結果論なのかなとも思っています。

 

じぶん銀行カードローン金利

 

サービス名 利用限度額 金利(実質年率)
じぶん銀行カードローン 2.1%~17.4% 最大800万円
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8% 最大800万円
ジャパンネット銀行カードローン 2.5%~18.0% 最大1000万円
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 最大800万円
セブン銀行カードローン 15% 最大50万円
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 最大800万円
住信SBIネット銀行Mrカードローン 1.59%~14.79% 最大1000万円

 

じぶん銀行カードローン返済

じぶん銀行カードローンの返済方法には以下の2種類の方法があります。

 

・じぶん銀行口座からの自動引き落とし

・ATMによる返済

 

銀行引き落としにした場合は毎月指定日に返済額を口座から自動引き落としの形で返済することになり、毎月の返済以外の臨時返済をする時にはATMにて支払いをすることになります。

こちらは指定日による返済のみで、ATMによる返済のように35日サイクルでの返済方法は選択できません。

ATMによる返済は、じぶん銀行と提携しているATMにおいて返済することになります。

じぶん銀行提携ATM

提携ATMにおける返済手数料は無料となっており、「期日指定返済」および「35日ごと返済」のいずれかから返済日を選ぶことができます。

じぶん銀行35日返済

 

じぶん銀行毎月返済

毎月の返済額は契約をした時期によって以下のように変わります。

2016y11m24d_034432283

2016y11m24d_034440774

2016y11m24d_034453542

 

自分銀行おまとめローンについて解説

じぶん銀行おまとめローンを利用した方の口コミを見てみましょう。

じぶん銀行おまとめローンの口コミ

アコム、アイフル、プロミスの借入計140万円をじぶん銀行でおまとめしました。結果的に月々の返済額が減って、金利も5%ほど低くなりました。私はauではなくdocomoユーザーなので金利優遇の特典はありませんでしたが、複数の借入があってなおかつauユーザーなら迷わずじぶん銀行のおまとめローンに申し込むのがいいと思います。

プロの一言:おまとめローン成功の一歩目は借入を一本化できるかどうかです。中には一部のみまとめると言った場合もあるため、まずその点で成功しています。次に月の返済額が減った点も大きいです。おまとめローンは名前のせいで誤解を招きやすい金融サービスとなっていますが、本質は月の返済額を減らすことで負担を軽減する所にあります。そして何よりも金利が5%も下がった点はこれ以上ないほどの成功をした例だと思ってよいでしょう。おまとめローンは金利が下がらなくても一本化できたり月の返済の負担が減るだけで大きな意味を持ちます。ここが借り換えローンと異なる所です。今回は金利も大幅に下がっており、おまとめローンが大成功したと言えるでしょう。

 

じぶん銀行おまとめローン概要

利用条件 ご契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の

安定継続した収入がある(自営、学生、主婦、パート、アルバイト、年金受給者を含みます)

保証会社であるアコム(株)の保証を受けられる

金利(実質年率) カードローンau限定割 借り換えコース:1.7%~12.5%

*変動金利

借入可能上限額 100万円以上800万円以内(10万円単位)

 

じぶん銀行おまとめローンの総合評価

5段階中5の評価を付けたいと思います。

理由はじぶん銀行借り換えローンのものとほぼ同じで、おまとめローンに必要な金利面での優遇が期待できるからです。

じぶん銀行のカードローンは上限金利が17.5%と銀行のカードローンとしてはかなり高めで、消費者金融とあまり変わらない水準ですが、おまとめローンは上限金利が12.5%と通常カードローンに比べてかなり低くなっています。

利用最低金額は100万円からとなっていますが、借入金額の大きくなりがちなおまとめローンとの相性は借り換えローン以上に大きいと言えます。

アイフルやアコムなどの消費者金融系おまとめローンでは通常のカードローンよりも限度額が低くなった上に下限金利も優遇されないという事態になってしまうためできる限りおまとめローン先は慎重に選ぶ必要があります。

じぶん銀行借り換えローンについて

じぶん銀行にはおまとめローンと借り換えローンサービスの2つがそろっており、今回はじぶん銀行借り換えローンの口コミについて見てみましょう。

じぶん銀行借り換えローンの口コミ

597438s通常のカードローンの金利は高めに見えましたが、借り換えローンになると適用される金利が下がるという記事を読んでじぶん銀行の借り換えローンに申し込みをしました。消費者金融からの借り換えだったので6%も金利が下がったのはうれしい限りです。申し込みもスマホからでき、auユーザーですと金利面が優遇される面もうれしいですが、何よりも借り入れ返済時における提携ATMの利用料がいつでも無料という所が良かったです。

プロによる解説:借り換えローンは金利を下げることが目的ですので、大成功した例と言えるでしょう。じぶん銀行の借り換えローンは借り入れ金が100万円以上ないと利用できない点はネックと言えますが、成功すると借り入れ金利が大幅に下がる可能性があるためおすすめ度は非常に高いです。

 

 

じぶん銀行借り換えローン概要

利用条件 ご契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の

安定継続した収入がある(自営、学生、主婦、パート、アルバイト、年金受給者を含みます)

保証会社であるアコム(株)の保証を受けられる

金利(実質年率) カードローンau限定割 借り換えコース:1.7%~12.5%

*変動金利

借入可能上限額 100万円以上800万円以内(10万円単位)

 

じぶん銀行借り換えローンの総合評価

5段階中の5という評価を付けたいと思います。

借り換えローンという意味ではオリックス銀行と並んで最もお勧め度の高いサービスだと言えそうです。

ポイントは借り換えローンに求められる金利の低さです。

じぶん銀行のカードローンであるじぶんローンは上限金利が17%を越えており、銀行カードローンの中では高金利となっていますが、じぶん銀行借り換えローンの方は上限金利が12.5%、下限金利が1.7%と全体として最も低金利なサービスとなります。

この点はプロミスやアコムのおまとめローンが借入上限額は低くなり、下限金利が上がるのとは対照的であると言え、総合的にじぶん銀行借り換えローンは借り換えローンに適したサービスであると言えるでしょう。

借り入れ上限金額も800万円と十分な額となっていますが、借り換えの最低条件が100万円からとなっている点には注意が必要です。

借り換えローンは1社からの借り換えが前提ですのでなかなか適用条件が厳しいと言えるかも知れません。