楽天銀行スーパーローン審査はどうなっている?

楽天銀行スーパーローン審査

結論から言うと、最短の場合楽天銀行スーパーローンにおいて即日融資は可能です。

楽天銀行スーパーローン借入審査

楽天銀行スーパーローンの審査は実は楽天銀行が行う訳ではありません。

銀行カードローン全般に言えることですが、借入審査は保証会社が行い、借入をした人が返済不能になった場合には保証会社が代りに返済を行います。

楽天銀行スーパーローンはグループ会社の1つである楽天カード株式会社と株式会社セディナが担当します。

通常、保証会社が2つある際にはグループ企業がはじめに審査をし、通過しなかった場合は他社に任せるというパターンが多いようです。

楽天銀行がそのようなシステムを採用しているかはわかりませんが、実質二度審査の機会があるためこれから借入をしようという方にマイナスになることはありません。

その他カードローンの審査については以下の記事をご覧ください。

 

楽天銀行スーパーローン在籍確認

在籍確認という言葉自体初めて聞いたよという方もおられると思いますので簡単に説明させていただきます。

カードローンの審査においては勤務先の情報(年収、勤続年数、雇用形態など)が非常に重視され、職場への電話連絡がほぼ100%に近い確率で行われます。

⇒電話連絡なしのカードローン

楽天銀行スーパーローンにおいては職場への電話連絡は非通知設定にて行われ、名乗る際には担当者名で行います。

電話連絡というと嫌な感じがするかも知れませんが、銀行法において借入の事実を第三者に知らせることは禁じられているため、カードローンや借入といった用語は出てきません。

ただ、楽天銀行においては社名などを尋ねられた際には「楽天銀行の〇〇」と名乗ることになっており、非通知拒否設定にされていた場合は電話番号を通知の上電話連絡を行います。

元来銀行は様々なサービスを扱っているため、楽天銀行からの電話=カードローンの利用という認識になる人はいないため、カードローンの利用が職場の人間に知られることはまずないでしょう。

そのあたりは消費者金融との大きな違いと言えるかも知れません。

なお、専業主婦の方が申込をした場合は在籍確認の電話はありません。職場がないのでかけようがありませんね。

 

楽天銀行スーパーローンの審査時間

楽天銀行スーパーローンの審査時間は最短でその日のうちに、遅くとも2営業日ほどで結果が通知されます。

即日融資も可能ではありますが、消費者金融大手のカードローンと比べると審査の速度という点においては分が悪いと言えます。

⇒即日融資に向いているカードローン

ただ、その分金利面では低くなっていたりするのでどちらが良いかは難しいところです。

 

楽天銀行スーパーローンの借入方法

楽天銀行スーパーローンの借入方法は以下の3つです。

 

・パソコンやスマートフォンなどのネットキャッシング

・電話連絡によるキャッシング

・提携キャッシュディスペンサーおよびATMからのキャッシング

 

2016y11m16d_053358192

2016y11m16d_053409682

2016y11m16d_053422264

 

楽天銀行スーパーローン口コミ

アイフル口コミ3楽天が提供するサービスは総じてお得に利用できることが多いですが、楽天銀行スーパーローンも例にもれずとても有益なサービスだと思いました。楽天ポイントがもらえたこともそうですが、消費者金融などと比べて金利が低い点が良いですね。楽天会員なら審査が優遇されるという文言に釣られて申込をしたのですが、正直優遇されたのかもよくわかっていません。でも特に不満はないのでとてもいいサービスだと思います。
アイフル口コミ楽天銀行スーパーローンのいいところは面倒な手続きがないところだと思います。本人確認書類も専用のアプリで簡単に送ることができましたし、実際に利用できるまで1日とかかりませんでした。金利も他のカードローンより低いですし、お金を借りたのになぜかポイントがもらえた点もGOOD!後はコールセンターのつながりさえよければよいのですが…
598883s書類送付アプリが本当に便利でした。他のカードローンを利用したことがないのでわかりませんが、初心者にも大変扱いやすかったです。金利も低く借りられてその点では満足しているのですが、やはり何か聞こうと思って電話をすると散々待たされた上にたらい回しにされるパターンはもうウンザリしました。楽天銀行だけではなくて、楽天カードや楽天モバイルの利用もしていて、そっちもコールセンターがとにかくひどくて、まるでこっちが悪いみたいな態度が本当に腹が立ちます。楽天グループは商品の内容は本当に良いものが多いのに、コールセンターがどうしようもないのでどうにかして欲しいです。釣った魚に餌はやらないという感じなのでしょうか?

 

利用時の職業は会社員です。年収は500万円程になります。30万円の借り入れ限度額で現在も返済、借り入れをしています。
現在借り入れ可能残高は19万円です。お小遣いを現在月に2万円でやりくりしていますが、2万円ではやりくりが難しい月などがどうしても出てきてしまいます。そこで、カードローンを一枚保持しておけば、いざ、おこづかいが足りなくなってしまったという場合にも借り入れにより、補填ができると考えたことが大きな理由です。
また、借り入れしたとしても、返済額はインターネットで見る限り、借り入れの金額を最小限に抑えておけば、おこづかい制の私でも、返済していくことは可能ですし、おこづかいを節約していけば、十分余裕のある月もありますので、やりくりしていけるのではないかと思ったからです。
申し込みにあたり、やはり、家族にバレると取り返しのつかないことになってしまう恐れがありますので、最新の注意を払ってインターネットから、申し込みを行いました。
あとは家族に絶対にばれないように、ネット完結、さらには、郵送物は、近所の郵便局で留めてもらいまして、自分で郵便局へ行き、楽天銀行スーパーローン関係の書類やカードの受け取りを行う方法があると言うことをあらかじめ調べて、万全の状態で、楽天銀行スーパーローンへ申し込みを行うことができました。その結果、家族に一切バレることなく、借り入れまでこぎつけました。楽天銀行スーパーローンに申し込もうと思った理由としては、楽天銀行は安心できますし、信頼も高いですし、銀行カードローンということで、金利の面でもよかったのが大きな理由です。また、楽天銀行の口座も持っていましたので、申し込みやすかったという理由もあります。
インターネットで、楽天銀行のホームページから、カードローンの申し込みのページへいき、フォーマットを埋めて送信するだけで、申し込みは終わりです。本人確認書類も、免許証があれば、両面をスマートフォンで撮影して、添付画像として送信すれば、完成です。翌日には楽天銀行から電話がありまして、希望していた30万円可決という連絡がありました。さらに50万円まで今の状況であれば融資できると言われましたが、無駄遣いしてしまうと怖いので、30万円までにしてもらいました。あとは、楽天銀行から、カードが届くので、それを使って、借り入れ返済を行うという形になりました。カードは郵便局で留めてもらったので、郵便局へ行き、カードの入った郵便物を受け取りまして、借り入れスタートということになりました。
借り入れまでの流れは、とてもはやく、トラブルもなく進んでいくことができました。借り入れは、コンビニへ行き、ATM操作で、簡単にいつでも借り入れができるので、非常に便利だと思います。返済も、毎月末日までに、コンビニのATMから返済ができますので、手間は一切かかりませんので、使い勝手は抜群だと思います。返済して、元金を減らせば、その分また、利用限度額も復活していきますので、借りたり返済したりしていくことで、無理なく利用できるということがすごく便利なところかなと思いました。
楽天銀行カードローンのスタッフの方の対応ですが、とても優しいスタッフの人ばかりですので、すごく安心できます。
楽天銀行スーパーローン利用中に私は、返済が足りなくなってしまったことが1回ありました。その時も、借金を滞納したわけですが、理由があったとしても、ある程度厳しいことを言われると覚悟はしていましたが、わかりました。それではいつが都合がよろしいですか?と優しい対応でした。その時は、すぐに都合をつけて返済しましたが、借り入れと返済のバランスが保たれていれば、楽天銀行スーパーローンはほんとうに便利な商品だと思います。
まだまだ完済までには時間はかかりそうですが、コツコツ返済して行き、また借り入れするこもあると思いますが、うまく使っていきたいと思っています。

楽天銀行スーパーローン金利

 

楽天銀行の金利は利用限度額に応じて以下のように変わります。

 

利用限度額 借入利率
800万円 1.9%~4.5%
600万円以上800万未満 3.0%~7.8%
500万円以上600万未満 4.5%~7.8%
350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
100万円未満 14.5%

借入金利は変動金利制を採用しており、変更となる可能性があります。

 

楽天銀行スーパーローン返済

返済方法

楽天銀行スーパーローンの返済方法には以下の3つの方法があります。

 

・指定口座からの自動振替

・提携キャッシュディスペンサーおよびATMによる返済

・インターネットによる返済

 

指定口座からの自動振替

指定返済日に約定返済額を自動振替する返済方法で、1日、12日、20日、27日の中から返済日を選びます。

*27日は指定口座に楽天銀行を選んだ時のみ利用が出来ます。

*約定返済日が土日祝日などの場合は翌営業日に自動振替が行われます。

提携キャッシュディスペンサーおよびATMによる返済

使用の際利用手数料がかかる金融機関とそうでない金融機関があります。

楽天銀行提携金融機関

手数料がかかる場合は1万円以下では108円、1万円を越える部分については216円の利用手数料がかかります。

インターネットによる返済

Pay-easyを利用した返済方法となります。金融機関口座のインターネットバンキングを利用して返済を行うことができます。

返済額

利用残高に応じて以下のように返済額が変わります。

利用残高 毎月返済額
10万円以内 2千円
10万円超30万円以内 5千円
30万円超50万円以内 1万円
50万円超100万円以内 1万5千円
100万円超150万円以内 2万円
150万円超200万円以内 3万円
200万円超250万円以内 3万5千円
250万円超350万円以内 4万円
350万円超400万円以内 4万5千円
400万円超500万円以内 5万円
500万円超600万円以内 6万円
600万円超700万円以内 8万円
700万円超800万円以内 10万円

 

楽天銀行おまとめローンについて

まずは実際におまとめローンを利用した人の口コミを見てみましょう。

楽天銀行おまとめローンの口コミ

消費者金融などから3社計300万円の借入を楽天銀行で一本化しました。一本化前は金利が13~18%だったのですが、おまとめ後は10%の金利で借入をすることが出来ました。毎月3か所からの返済を今どれだけしているのかわからないまま返済の負担が大きい状態だったので大変助かりました。おかげ様で月々の返済の負担は減り、何より精神的に楽になれました。

プロの一言:これ以上ないほどのおまとめローン成功体験と言えます。これほどの借入金額ですと全てを一本化できることは稀で、一部を有利な条件でまとめるだけでも成功と言えます。なにより金利が大幅に下がった点が大きいと言えます。もともとの借入が300万円分あったことなどから考えても相当与信スコアリングが高かったものと思われます。

クレジットカードのリボルビング払いなどを多用、消費者金融などからも借入をしてしまい、高い金利に悩まされていたので楽天銀行のおまとめローンに申し込みました。合計200万円あった分の借入のうち100万円をまとめることができました。金利はその分抑えられたのですが、正直返済が苦しいという事実は変わっていません。

プロの一言:おまとめローンを利用すると飛躍的に返済が楽になることを想像するかも知れませんが、場合によってはそれほど変わりないかむしろ損してしまうケースも存在しています。今回のケースは本人の要望の域には達しなかったようですが、返済の負担が減ったという点では成功の部類に入ると言ってよいでしょう。

 

楽天銀行スーパーローン概要

 

利用条件 以下の全ての条件を満たす方

①満年齢20歳以上62歳以下の方

②日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)

③お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方

④楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方

金利(実質年率) 1.9%~14.5%
借入上限額 最大800万円
借入方法 ■提携CD・ATMによるお借入れ  楽天銀行スーパーローンカードを利用して提携CD・ATMからご出金いただけます。 ※ただし、MY ONEネット特約会員は提携CD・ATMによるお借入れはできません。

■お振込によるお借入れ  お客さまのご指定口座へお借入金をお振込いたします。 ※お借入は1万円以上千円単位となります。提携会社/金融機関により、1回あたりのお借入可能額が異なります。

 

楽天銀行スーパーローンの総合評価

5段階中4の評価をしたいと思います。

高評価の決め手は金利と借入上限額の関係にあります。

以下は楽天銀行スーパーローンの借入上限額と借入金利の関係です。

借入上限額 借入利率(実質年率)
800万円 1.9%~4.5%
600万円以上800万未満 3.0%~7.8%
500万円以上600万未満 4.5%~7.8%
350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
100万円未満 14.5%

楽天銀行スーパーローンは借入上限額が上がるほどに金利面で優遇されるような仕組みになっており、おまとめによって借入金額が大きくなった場合に金利が下がる可能性が高くなっています。

消費者金融系のおまとめローンなどは下限でも12%前後であるのに対し、大きな優位点と言えるでしょう。