三井住友銀行カードローン審査について果たして本当に厳しいのか?

三井住友銀行カードローンの審査について

カードローンの利用には須く審査を受ける必要があります。

三井住友銀行カードローンにおいては、三井住友銀行ではなく保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスが審査を担当します。

SMBCコンシューマーファイナンスという社名には聞き覚えがないかも知れませんが、2012年にプロミスから社名を変えた会社で、現在でもプロミスはカードローンとしてブランド名が残っています。

そのため貸付に対して卓越したノウハウを持っている審査は最短30分と非常にスピーディになっています。

審査難易度はメガバンクということもあり厳しめで、以下の条件は最低限クリアしている必要があるでしょう。

 

・過去に金融事故を起こしていない

・勤続年数が2年以上ある

・年収は最低300万円以上

 

もちろんこれらを満たしたからと言って審査に必ず通過するわけではありませんが、1つの目安にはなると思います。

審査通過率などは一切公表されていませんが、それほど高くはないことでしょう。

審査通過後は電話連絡があり、ローン専用カードの受け取りを郵送かACM(三井住友銀行のローン契約機)で受け取るかを聞かれます。すぐに融資を受けたい場合はACMでの受け取りをするのが良いでしょう。

三井住友銀行カードローンの在籍確認

消費者金融カードローンにおいて最重要項目が総量規制に関することだと言えますが、銀行カードローンにおいては勤務先情報及び在籍確認が最重要項目と言えるかも知れません。

銀行カードローンは勤務年数や年収などの勤務先に関わる項目に重点をおいて審査を行います。そしてそれを担保するのが在籍確認であるという訳です。

日本の企業は一般的に勤続年数と年収が比例し、さらには同じ会社内で同じ役職であればそれほど給与の差がないのが一般的です。

もちろんそうでない場合も最近では多くなってはいますが、個人の与信能力を測るには職場に付随する情報を調べるのが確実で早いのです。

そのため、職場への電話連絡は必須で、何よりも重要な審査項目となるわけです。

三井住友銀行カードローンにおいては職場への電話連絡以外に在籍確認を行うことはないため、どうしてもいやな方は電話連絡なしのサービスであるSMBCモビットのWeb完結申込を利用しましょう。

⇒SMBCモビットに申し込む

三井住友銀行カードローンの借入方法

三井住友銀行カードローンの借入方法は大きく分けると以下の2つになります。

・ATMによる借入

・SMBCダイレクトによる借入

ATMによる借入

三井住友銀行はもちろん、提携ATMなどを利用して借入をする方法です。

提携ATMによっては利用手数料がかかる場合があり、無料で借入のできるATMは以下の通りです。

  • 三井住友銀行ATM
  • E-netATM
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょATM

これらのATMにおいてはローン専用カードを利用することにより借入ができますが、

  • 三井住友銀行ATM
  • 各種コンビニATM

においては三井住友銀行キャッシュカードを用いて借入をすることが可能です。

SMBCダイレクトによる借入

インターネットバンキング、モバイルバンキング、テレホンバンキングをあらかじめ契約している方はそちらを利用して借入を行うことができます。

三井住友銀行カードローンは即日融資可能?

三井住友銀行カードローンは即日融資も可能なサービスとなっています。

銀行カードローンで即日融資可能な案件は珍しく、審査時間は最短30分というスピーディな点に長所があります。

21:00までにはACM(ローン契約機)が営業しているのでその時間までに契約を完了し、カード発行を受ければ即日での融資も可能となります。

土日祝日での即日融資も可能ですが、その際には在籍確認が行えるかどうかがポイントになります。

土日祝日での即日融資であればプロミスの方が向いているといえるでしょう。

⇒プロミスで借りる

 

丁寧に対応してもらえたので好印象を持つ事ができました

 

 

カードローンの申込をした時は個人事業主で年収は260万円ほどでした。借入状況は三井住友銀行カードローンから30万円の融資を受けており、残り20万円ほどの返済が必要です。

借入を実施した理由として、夫が睾丸癌を発症してしまい、高額な治療費が必要になってしまいました。いざという時の為にある程度のお金を貯金していたのですがそれでも足りなくなってしまったので借入を実施したのがきっかけです。
他のカードローンを何度か利用したことがあったので、どのような書類を準備すればいいのかある程度把握していました。身分証明をすることができるように運転免許証を準備させていただき、収入証明証は確定申告の書類と収支内訳書の二つを準備しました。その他にも印鑑を準備して、スムーズに手続きを実施することができるように万全の状況を自分なりに作っていました。
申込方法としては、最初ネットで申込をしようか悩んでいました。しかし違うカードローンの申込をした時、無人契約機を使用して素早く手続きを完了することができた経験があり、今回も無人契約機の利用に決めました。
一応お金を借りられる可能性があるのかどうか三井住友銀行カードローンの電話番号に連絡して、仮審査を実施してもらいました。仮審査の結果で融資を受けられる可能性がある事を教えてもらい、その後は無人契約機で手続きを行うことを伝えて、手続きを実施していきました。

三井住友銀行カードローンを選択した理由として、まずは家の近くに店舗が存在しており、店舗の中には無人契約機が設置されていたのが理由です。一日でも早くお金を融資してもらいたいという気持ちがあり、治療費を準備したかったです。そこで近くにある三井住友銀行のカードローンならば、素早く申込を行うことができると考えて、選択させてもらいました。
その他に理由として、他の消費者金融と比較して銀行系カードローンのため、利息が低く定められているのも魅力的でした。お金の融資を受けた際、利息が低く設定されていれば、完済までに必要なお金を少しでも減らせます。お得にお金を借りる事ができると思って、三井住友銀行カードローンを選択したのも一つの理由です。
更に即日融資が可能になっているのも三井住友銀行カードローンを選択した一つのポイントです。すぐにお金を借りる事ができれば、お金の心配をしないで夫の抗がん剤治療をすることができます。そこで素早く融資をしてくれるカードローンを探していた時、三井住友銀行カードローンを見つける事ができました。また個人事業主に対しても積極的な融資をしていることが分かり、私でもお金を借りられる可能性があると感じて、選択させてもらいました。

無事に申込を完了することが借入をしたのですが特に迷ってしまうことは無かったです。タッチパネル式で操作することができ、30万円のお金を借りる事ができました。返済日は毎月月末に定められているので、今も少しずつお金を返している状況です。
返済をする時、二度ほど個人的な理由で滞納してしまったことがありました。滞納してから約2週間ほど経過した時、自宅にハガキが届いて返済が行われていないということが掲載されていました。その後に電話がかかってきまして、何時までに返済することができるのか相談させていただき、お金を返済させてもらいました。
長い滞納で約3週間ほど遅れてしまった時があったのですが何時もと同じように1万円ずつ返済すればよかったので助かりました。ただし元の金額があまり減っていなかったので、今後はできる限り滞納しないように注意してもらいたいということを言われました。
その時のスタッフの対応ですが厳しい口調で話をされた訳ではなく、丁寧に対応してもらえたので好印象を持つ事ができました。今も完済を目指して返済している最中なのですが何か気になることがある時は、気軽に問い合わせをしており、色々と質問をしています。

借金がバレにくいのもポイントが高いところです

インターネットで見かけた記事でおすすめされていたので三井住友銀行のカードローンを利用しました。審査もスピーディに進み、その日のうちに融資を受けることが出来ました。金利も14.5%と消費者金融よりも低いですし、何より三井住友銀行という大手銀行のカードローンということで安心感がありますね。ローン専用のカードだけでなくキャッシュカードでも引き出せますし、カードを受け取る契約機も普通預金口座の開設と同じ機体なので借金がバレにくいのもポイントが高いところです。
吉高由里子が兎に角かわいいので三井住友銀行のカードローンを利用しました。何か吉高由里子グッズのようなものはないのかと期待していたのですが、何もなかったのでとても残念です。せっかくだから限定商品でもつければいいのに。何か法律上の問題でもあるのでしょうか?吉高由里子目当てで借りたのにテレビのコマーシャルや銀行のあちこちに貼ってあるポスター以外には絡まないなんて悲しかったです。せめてカードにでもあのかわいい顔が印刷されていたらなぁ

 

 

三井住友銀行カードローンの金利

三井住友銀行カードローンの金利は契約極度額によって以下のように変わります。

契約極度額 金利(実質年率)
100万円以下 12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 4.0%~4.5%

 

三井住友銀行カードローンの返済

三井住友銀行カードローンには3種類の返済方法があります。

  • ATMによる返済
  • 振り込みによる返済
  • 口座振替による返済

ATMによる返済

三井住友銀行をはじめ各種コンビニATMやゆうちょATMなどから返済する方法です。

返済にはローンカードを利用するのが基本ですが、ゆうちょATM以外は三井住友銀行のキャッシュカードが利用できます。

振り込みによる返済

SMBCダイレクトを利用して返済する方法です。利用手数料は返済者の負担となります。

口座振替による返済

指定の約定返済日にカードローン口座への入金がなかった場合は借入残高に応じた返済額を自動引き落としにて返済します。

 

返済日は毎月5日、15日、25日、末日の4種類から選ぶことができ、返済日が銀行休業日だった場合には翌営業日が返済期日となります。