アイフルの審査に通過するためには何が重要なのか?

4大消費者金融の一角であるアイフルのカードローンサービスを利用した方の口コミを見てみましょう。

アイフルカードローン審査

アイフルのカードローン審査で何よりも重要になるのは借入の総額が年収の3分の1を越えないかどうかという点です。

総量規制という言葉を聞きなれない方が大半だと思いますが、貸金業規制法という法律の中に盛り込まれた規定で、アイフルやアコムのような貸金業者は借入を希望する人に対して年収の3分の1を超える貸付をしてはならないとしています。

貸金業規制法違反は最悪貸金業免許の停止さえありうるほど厳しい罰則が待っているため、アイフルは絶対に総量規制を超えた貸付は行いません。

それをどうやって調べるの? と疑問に思う方が大半だと思いますが、国は総量規制の運用を厳格化する目的もあり信用情報機関の指定化を行いました。

詳しくは「カードローンと指定信用情報機関」をお読みいただければと思いますが、年収の3分の1を超える借入はアイフルではできないようになっています。

また、過去に金融事故を起こしたことがある場合は借入が難しいと言えます。

カードローン審査は貸付リスクを数値化することで行いますので、過去に事故を起こした方はリスクMAXだと判断されるわけです。

他にリスクが高いと判断されるケースは他社に借入がすでにある場合です。

これは状況にもよりますが、他社借り入れがあると新たな借入は厳しくなります。

これらの条件をクリアした上で、さらに下に挙げるような項目に問題がなければアイフルの借入審査に通過する確率が高いと言えるでしょう。

 

・勤続年数

・年収

・勤続先規模

・勤務形態

 

 

あくまで目安ですが、勤続年数は1年以上、年収は150万円以上はほしいところです。

勤務先の規模や勤務形態は借入審査の通過可否以上に審査後の借入上限額や借入金利に影響します。

通常借入上限額が大きければ大きいほど借入金利は下がる傾向にあり、それらはいくつかの項目を数値化した与信スコアリングによって決まります。

審査項目には他に「住居形態」や「家族構成」などがありますが、上記した点に問題がなければ高い確率で借入審査にはパスできるでしょう。

*あくまで目安ですので審査通過をお約束するものではありません。

アイフルの在籍確認

アイフルの在籍確認は基本的に担当者が電話連絡を職場にすることで行います。

そうなると一体どんな電話をするんだろう? 普段の勤務態度とか聞かれるのかな? と思う方もいらっしゃるかと思いますが、在籍確認というのは申込書に記載されていることの真偽を確かめることが目的ですので特に内容のあるやりとりをするわけではありません。

例としては以下のようになります。

「お忙しいところ恐れ入ります。私柳葉(アイフルの在籍確認担当者仮名)と申しますが吉川さん(借入を希望する人の仮名)はいらっしゃいますでしょうか?」

「はい。私が吉川です」

「吉川義信様でお間違いないでしょうか?」

「はい」

「個人名にて失礼いたします。アイフルの柳葉と申します。このたびはお借入れのお申込みをいただきありがとうございました。在籍確認がとれましたのでこれにて失礼いたします。お忙しい中お手数おかけしました」

もしも本人以外が電話に出て、かつ本人が外出中だった場合は

「吉川は現在席を外しております。ご伝言などがあれば承ります」

「それでは携帯に連絡をしてみようと思います。お忙しいところお手数おかけしました」

といったようなやり取りで完了です。

貸金業法では、借入の事実を第三者に知らせてはならないという規定があるため、職場の人間との会話において借入やアイフルと言ったカードローンの利用を喚起させるような単語を出したりはしません。

むしろ借入希望者以上に職場に借入の事実を知られたくないのがアイフルだと言ってよいでしょう。

それでもどうしても職場に電話連絡が来るのが嫌だという方もいらっしゃると思います。

その場合には2つ選択しがあります。

1つはSMBCモビットのWeb完結申し込みを利用する方法です。

いくつか条件はありますが、電話連絡なし郵送物なしで借入を行うことができます。

もう1つはアイフルに申し込む際に在籍確認を電話連絡以外で行ってくれるよう頼む方法です。

アイフルにWeb上で申し込んだ後にフリーダイヤルで連絡をしてその旨を伝えることで、電話連絡以外の方法で在籍確認を行ってもらえる場合もあり、事実そういった口コミもあります。

その際には給与明細や健康保険証などの書類を提出することが条件となる場合が多いようです。

アイフルの口コミ

アイフル口コミアイフルの利点は在籍確認の際の電話を給与明細で大丈夫にしてくれるところです。正直、私宛の電話はほとんどかかってこない職場ですので、在籍確認というものを知ってからはキャッシングの利用そのものをやめようかと思っていたぐらいです。でも、その時は本当にお金が必要で、インターネットで調べたらアイフルは電話連絡以外の方法で在籍確認をしてくれると書いてあったので申し込みました。配達時間えらべーるというサービスもあり、希望の時間帯に本人限定配送をしてくれるので家族にも知られることなく借り入れをすることができました。
アイフル口コミ2消費者金融というと、街角の暗い通りでボロっちぃビルの一室に怖いお兄さん達がすし詰めになっている様子を想像していましたが(ドラマの見過ぎ)まったくそんなことはありませんでした。私は無人契約機で申し込みをしたのですが、拍子抜けするほどあっさりと契約ができその日のうちに融資を受けることができました。できる限り速くお金が必要だったのでとても助かりました。金利はちょっと高いのですが、すぐに返せばそれほど利息はかかりません。もしもこれからお金を借りる必要が出てきたら迷わずアイフルでキャッシングをしたいと思います。
アイフル口コミ3飲み会が続いてしまい、断ることのできない私はキャッシングを利用することに決めました。とにかくその日のうちに融資がほしかったので即日で利用できるキャッシングについてネットで調べていたところアイフルがよいと書いてあったのですぐに申し込みました。審査時間も短く、その日のうちに融資されたのでとても助かりました。お金がないと友達付き合いなんてできないですからね。返済も借りた額が少額ならそれほど負担にならないですし、必要な時はちょくちょく利用しています。借りて返してを繰り返していると利用限度額が上がるのもうれしいですね
アイフル口コミ4アイフルは電話対応が非常に良いですね。融資の際にわからないことを聞くと担当の方が丁寧に教えてくれるのも非常にありがたかったです。はじめてのキャッシングで不安な面が大きかったのですが、丁寧な電話対応でそういったものは払しょくされていきました。審査もスピーディに進み、その日のうちに融資がされたのには大変驚きました。必要なのは10万円でしたが、借り入れ枠を30万までにしていただきなんだかうれしかったのを覚えています。今はすべての返済を終えましたが、これから先キャッシングの利用をするとしたらまたアイフルでお願いしようと思っています。
これまでキャッシングを利用した経験が全くなく、ある日急なお金が必要になってしまった事がありました。私事ですが貯金には一切、手をつけたくなく、キャッシングを利用してみる事にしました。これまでキャッシングを利用しました経験がない為、どこのキャッシングが良いのか全くわからず、長年テレビのCMで観ていましたアイフルならば、信用性が高いと思いまして、アイフルでキャッシングの申し込みをしました。スタッフの方の対応がとても丁寧でして、審査もとても迅速に対応して下さりまして、急を要していましたので、大変助かりました。他のキャッシングの会社を利用した事がありませんので、比較はできませんが、アイフルは親切、丁寧、迅速という事がわかりました。こちらの1度しかキャッシングの利用はありませんが、もしまた何かありまして、キャッシングを利用するならば、アイフルを利用したいと思います。

 

運送業 370万円 当初は二万円だけ融資してもらってアイフルを利用する予定でした 現在120万円借入があります。

いっときの間仕事をしていなく、仕事が決まってから1ヶ月ほどしたら入院になってしまい、貯金もほとんどなく仕事もできない状態で二ヶ月ほど入院をしました。入院費用などを払ったら、貯金ない状況だったので、食費や生活資金などが全く無く、挙句の果には、葬式などの行事が重なってしまいました。退院してからまた働いてはいたのですが、最初の月の給料日までがとても苦しく、出費が多く毎日の生活ができなきくらいお金がなく、親か友達に頼ろうと思ったのですが、お金は他人に借りたりするのは縁の切れ目とも言われていたので、親や友達には何も相談せずに消費者金融から借りました。消費者金融なら働いていて収入があれば利用することができると書いてありました。その他にも即日に融資してもらえる場所がアイフルだったのでアイフルに申し込みをしました。最初は消費者金融は怖いというイメージがあり、かなり迷ったのですが、生活費や支払いなどが多かったので、その場をしのごうと思いました。アイフルなら看板を見たことあったので、無人契約機がどこにあるかなども把握していて、消費者金融はたくさんありますがアイフルにしました。しかも、携帯から申込みができるということだったので簡単にできると思い利用させてもらいました。

まずはどんな待遇があるのを確認しました。いろんな消費者金融がある中で、一番私が思っていたのは即日に融資してもらえる消費者金融をたくさんの会社の中から選びました。その日のうちにお金が必要だったので、早く融資してもらえるカードローン会社を探しました。消費者金融のアイフルなら、私が思っていた即日融資で時間もとても早いということと、携帯さえあればどこでも申込みができるということころでアイフルにしました。無人契約機がどこにあるか知っていたので利用させてもらいました。アイフルなら申込みも携帯から出来て、審査も携帯で合否を受けることができたので早くできると思いました。携帯からインターネットてわ調べると、即日融資と会社にも個人名での電話ということもあり、アイフルという名前での在籍確認はしないということだったのでした。時間も二時間程度で完了できるということでしたので、迷うことなくアイフルにしました。モビットも候補だったのですが、アイフルにしました。モビットについてはこのサイトにとても詳しく書いてありました。

申込みは携帯からしました。申込みも簡単で、初めての利用でしたが迷うことなくスムーズに申し込みができました。申込みから審査までもとても早いということだったので、すぐにでもお金を借りたかった私はなるべく早めに申し込みをしました。

アイフルから二万円だけ借りる予定だったのですが、融資枠が100万円までならいつでも融資してもらえるということでした。使わなければ大丈夫と思っていたのですが、初めて申込みして融資してから三年たった現在では120万円の満額の借金になっています。返済も毎月の支払いが安かったのに、現在では毎月二万五千円払っています。
後悔したのが、金利がとても高いということです。金利が高いと毎月の支払いをしてもほとんど利息にお金がまわり、返済してもほとんど借金は減っていきません。なので、返済額よりもなるべく多めに返済していったほうが早く返し終わりますので、利用した方はなるべく多めに返していくことをおすすめします。遅くなればその分利息を取られるので返せるお金を持っていた場合は早めに返していくことをおすすめします。
返済や融資も近くのコンビニなどからできるのでとても便利です。毎回無人契約機に行かないと返済や融資はできないのかと思っていたのですが、コンビニからできるというのはとても良かったです。
消費者金融を利用するなら最終手段だと思って利用することをおすすめします。即日融資など良いメリットもありますが、金利は高いので借りるときには考えてから利用することにします。

アイフルキャッシングローン概要

 

貸付利率 4.5%~18.0%(実質年率)
遅延損害金(賠償額の元本に対する割合) 20.0%(実質年率)
契約限度額 または貸付金額 500万円以内
※当社ご利用限度額が50万円超、 または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は 源泉徴収票など収入を証明するものが必要(慎重審査)
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間 及び返済回数 1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い
借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
※500万円を年12.0%(実質年率)で借りた場合
貸付対象者 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフル基準を満たす方
※なお、お取引期間中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。
担保・連帯保証人
  • 担保・・・不要
  • 連帯保証人・・・不要

 

アイフルで即日融資を実現するには?

アイフルはカードローン全体の中でも審査スピードおよび融資スピードに定評があるサービスです。

審査は最短30分で完了し、即日の融資も可能となっています。

そのままでも十分速いのですが、とにかく急いでいるという方はWebでの申し込みを行った後でフリーダイヤルに電話をすることで審査の時間を短縮することができます。

受付時間は午前9時から午後21時までとなっており、この間に契約を完了すると即日融資が可能になる可能性が高まります。

申込の時間帯によっては翌日以降になる場合がありますし、連絡をした時間帯によっては融資の希望に添えない可能性があります。

特に土日祝日の場合は在籍確認の関係で審査時間が平日に比べてかかる傾向にありますので、Web申し込み後審査を急いでいる旨をフリーダイヤルで伝えなければ即日融資は難しいでしょう。

アイフルおまとめローンおまとめMAXについて

まずはアイフルのおまとめローン「おまとめMAX」の口コミについて見ていきましょう。

おまとめMAXの口コミ

 

数社からの借入があり、毎月の返済に苦しんでいたところアイフルからおまとめMAXの紹介を受けました。借入が一本化するのは大変ありがたいことで、月々の返済が金銭的にも心理的にも楽になりました。結果的には返済期間が延びてしまった面もあるのですが、1月に何度も返済があると心休まる暇もなく、常に不安を抱えていましたのでおまとめMAXを利用してよかったと思います。

 

おまとめローンを利用する際に最も気を付けたい点としては、必ずしも借入額が減る訳ではないという点です。

おまとめローンは複数の借入をまとめることによって月々の返済の負担を減らすことに意義があり、それは結果的に総返済額の増大を招くことも多いのです。

例えば、実質年率15%で借入額100万円を返済するときの返済総額と毎月の支払額を見てみましょう。

返済年数 毎月の返済額 返済総額
3年 35,000円 1,240,405円
5年 24,000円 1,412,017円
7年 20,000円 1,564,016円
10年 17,000円 1,792,103円

返済総額をとるか毎月の返済の負担をとるか。その点を見誤ると損をすることになってしまうので気を付けましょう。

 

上限金利の18%で複数の消費者金融から借金をしていて、返済のために借入をしてしまうという日々、毎月の返済が辛くて仕方がなかった時に出会ったのがおまとめMAXです。さすがにすべてを一本化という訳にはいかなったのですが、かなりの部分をまとめることが出来、金利も少しだけ下げることが出来ました。おまとめMAXがなければと思うと背筋が凍るようです。

 

一時期ほどではないですが、借入はすればするほど返済額も増えていきます。頭ではわかっていても人間は目の前の危機をとにかくどうにかしようという意思が働きますので所謂雪だるま式に借入が増えてしまうことにもなります。ふくらみ切る前になんとか自力で返済できるまでになった成功例だと言ってよいでしょう。

 

おまとめMAX概要

 

貸付対象者 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
貸金使途 当社及び他社借入金の借換え
貸付利率 12.0%~15.0%(実質年率)
遅延損害金
(賠償額の元本に対する割合)
20.0%(実質年率)
契約限度額又は貸付金額 1万円~500万円
返済方式 元利定額返済方式
各回の返済金額 毎月決められた固定金額(ただし、初回と最終回は異なる場合があります。)
返済期間及び返済回数 最長10年(120回)
担保・連帯保証人 担保…不要 連帯保証人…不要
必要書類
  • 原則として、他社借入条件等の確認ができる書類
  • 本人確認書類
  • 源泉徴収票等収入を証明する書類

 

おまとめMAX借入審査の流れ

おまとめMAXの申し込みはWebでのお申込みを経て審査、通過後は郵送もしくはアイフルの店舗に行って契約をします。

おまとめMAXの総合評価

 

おまとめMAXの総合評価は5段階評価の3です。

アイフルはアコムやプミスに比べておまとめローン審査に長けていると言え上限金利も15.0%と低めになっています。

ただ、下限金利が12.0%と高めになっている点が気になります。

例えばですが、オリックス銀行であれば、100万円以上の借入においては借入金利は以下のようになっています。

借入上限額 借入利率(年)
700万円超800万円以下 3.0%~4.8%
600万円超700万円以下 3.5%~5.8%
500万円超600万円以下
400万円超500万円以下 4.5%~8.8%
300万円超400万円以下
200万円超300万円以下 6.0%~12.8%
150万円超200万円以下
100万円超150万円以下 9.0%~14.8%
100万円
100万円未満 12.0%~17.8%

 

おまとめローンは膨れ上がった借入額を1つにまとめることによって借入上限額を大きくし金利を下げるという点に大きな魅力のあるサービスと言えます。

100万円未満のおまとめローンであればおまとめMAXでもよいのですが、借入金額が大きくなればなるほどおすすめ度が下がってしまうのも確かです。借入金額によって利用を決めるのがよいでしょう。

アイフルかりかえMAXについて

まずはアイフルの借換えローンサービスである「かりかえMAX」を利用した方の口コミを見てみましょう。

かりかえMAXの口コミ

 

月々の返済の負担が大きいなと思い利用したのがアイフルのかりかえMAXです。18%だった金利が少し低くなって15%になりました。ほんの少しですが金利が下がったのはうれしい限りです。200万という大きな額の借金があったのですが、1つにまとめられたので大変助かりました。

プロの一言:借換え・おまとめローンにおいて借入金利が下がるのは大変大きなことです。通常、借入金利は借入上限額との関連性があり、上限額が上がれば金利は下がることが大半です。借換えやおまとめは複数ある借入をまとめますので上限額は大きくなり、金利が下がることも多いのです。

3社からの借入があり、返済で文字通り首が回らない状態でした。とにかくどうにかしたいと思い、インターネットの書き込みを見ていたところアイフルのかりかえMAXが良いということを知りました。全額を借り換えるのは難しいかなと思っていたのですが、借りていた分が一本化できたため経済的にも精神的にも楽になりました。

プロの一言:借換え・おまとめローンで気を付けなければならないのは必ずしも全てを一本化できる訳ではないという点です。中には一部しか借換え・おまとめできないこともあり、その場合は月々の負担が減らないということもあるので注意しましょう。

 

かりかえMAX概要

 

貸付対象者
  • アイフルを初めてご利用される方
  • 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
貸金使途 他社借入金の借換えのみ
貸付利率 12.0%~17.5%(実質年率)
遅延損害金
(賠償額の元本に対する割合)
20.0%(実質年率)
契約限度額又は貸付金額 1万円~500万円
返済方式 元利定額返済方式
各回の返済金額 毎月決められた固定金額(ただし、初回と最終回は異なる場合があります。)
返済期間及び返済回数 最長10年(120回)
担保・連帯保証人 担保…不要 連帯保証人…不要
必要書類
  • 原則として、他社借入条件等の確認ができる書類
  • 本人確認書類
  • 源泉徴収票等収入を証明する書類

 

かりかえMAXとおまとめMAXの比較

同じアイフルのサービスである「おまとめMAX」と「かりかえMAX」を比較してみましょう。

おまとめMAX かりかえMAX
貸付利率(実質年率) 12.0%~15.0% 12.0%~17.5%
契約限度額又は貸付金額 1万円~500万円 1万円~500万円

借入上限額は同じですが、おまとめMAXの方が上限金利は低くなっています。

両者の違いはおまとめMAXはアイフルの利用をしたことがある方、かりかえMAXはアイフルの利用をしたことがない方が利用するサービスである点と金利の2点になっています。

かりかえMAXの総合評価

かりかえMAXの総合評価は5段階評価で2となります。

少し辛目の評価ですが、おまとめMAXよりも上限金利が2.5%も高い所がマイナスの要因となっています。

かりかえMAXは最短で即日融資も可能なサービスなのですが、おまとめ・借り換えローンは通常カードローンと違いそれほど急ぐ必要もないサービスだと言えますので、借り換えた後金利や月々の返済額、総返済額などが下がるかどうかという点を重要視して選ぶのが良いでしょう。